ホーム>ピアスオヤジのブログⅡ>FDAピアスヒストリー

FDAピアスヒストリー

FDAピアスのこと少し説明します-7(最後)

<14.03.012-032> 

はじめに・・・、 東日本大震災から3年経ちました。

改めましてこの地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々の復興をお祈り申し上げます。

 

『金属アレルギーにならないピアスと言うのがあるなら、臨床データーをとったらいかがですか?』

と言うことになり、中山先生は日本アレルギー協会を紹介してくれました。

それで、FDAピアスをここに送り金属アレルギー症状が激しくて病院を訪れる患者さんに試してもらうことになりました。

東京都済生会中央病院以下複数の病院で協力してもらい臨床データを集め分析してもらったところ、FDAピアスの金属アレルギーに対する非感さ性が認められ、多数の病院で使ってもらう事になりました。

FDAピアスは東京都済生会中央病院の売店  ののののののおおおおおおのおおうううggで売っていたほどのピアスなのです。

こちら側でも、週刊誌等でモニターを募集し250名ほどのデーターが集まり、97%の方々から症状が改善したと言う結果が出ております。

以前 『このまま放っておけば間違いなく金属アレルギーは21世紀の日本の国民病になります。それを防ぐことが我々の使命なのです。』  とおっしゃっていたなかやませんせい

とおっしゃっていた中山先生のお役に立てたのではないでしょうか。

 

FDAピアスの発売当時のことをここまでまとめてみました。

FDAピアスのこと少し説明します-6

<14.03.04-031>

中山先生に事前にアポを取り、港区芝公園にある”東京都済生会中央病院”におじゃましました。

中山先生はこの病院の皮膚科部長です。

まず質問しました。

「先生は以前マスコミを通じてたびたび『皮膚のトラブルを起こすピアスはしないほうがいい。』と仰っていたのに、『なぜピアスするならチタン合金製のピアスがいい。』なんて本に書いたのですか?」

先生 『皮膚科医がいくら口をすっぱくしてピアスなんてするなといっても、今の若い人たちは男性も女性もピアスするんですよ。だったら医者としてどうしてもしたいのなら安全な金属を教えてやる。

こうしないと本当の金属アレルギー予防にはならないと気づいたんです。

チタンでも、チタンメッキでもサージカルステンレスでもだめ、理論的に言うとチタン合金が一番優れている。と言うことでああいう書き方になったのです。』

そこで我々は、 「でも先生、理論的じゃなくてチタン合金のピアス作ったのです。私たちが開発したピアスはチタン合金製で、アメリカのSMTAで認められている体内埋め込み用のチタン合金で作ったピアス、〝FDAピアス" なんです。」

  

FDAピアスのこと少し説明します-5

<14.02.22-030> 

 この『金属アレルギーはもう怖くない』 と言う本は、東京都済生会中央病院の当時の皮膚科部長 中山秀夫先生の監修で放送作家の鈴木克夫氏の著書です。

最初に鈴木克夫さんのお話を伺おうと言うことになり、上野のとある飲食店で3時間あまりもお話を伺いました。

文明病でもある金属アレルギーで苦しむ人たちがでてきて、それに警鐘を鳴らす意味もあり、この道の権威である中山先生にご指導いただき、多くの女性に貴重な体験談を取材させていただきまとめたと言っておられました。

『10年後にこの問題がどうなっているのか、とても心配している。』

と言う言葉が印象に残っています。

そして、次に中山先生にインタヴューを申し入れたのでした。

 

FDAピアスのこと少し説明します-4

<14.02.12-029>

FDAピアスのルーツや基本的なことについてこのブログで何回かに渡ってお話しています。

 

『いろんな意味においてピアスなんてものはやらんほうがいいのです。』

われわれが、ピアスの穴あけ器を販売していた頃の話です。

まだFDAピアスのピアッサーはなくて、当時主流だった医療用ステンレスにゴールドプレーティングの穴あけ用ピアスでピアシングしていた頃です。

東京都済生会中央病院の皮膚科部長の中山先生が、テレビに出ては『ピアスをやるな。』

雑誌でも『ピアスはアレルギーになるから危険だ。』

と盛んに言っておられました。

われわれにとっては困ったことを言う先生だったのです。

その中山先生が、本を出しました。

【金属アレルギーはもう怖くない。】

と言う本です。

その中に、『今最も安全と言われているのがチタン合金です。』

『チタン合金のピアスがもっとも安全です。』

と書いてあったのです。

2014212172810.jpg

 

 

  

FDAピアスのこと少し説明します-3

<14.02.04-027>

昨日はあんなに暖かかったのに、立春の今日は寒い~!

さっきまで雪降ってましたよ。

 

FDAピアスの話し続けます。

イヤーピアッサー(穴あけ器)に入れる穴あけ用の先のとがったピアスは出来上がり、東京都庁の薬事局に何回も通った甲斐があり、当時の厚生省の認可もおりてFDAピアス入りピアッサーが発売されることになりました。

穴あけした後には取り替え用のピアス(セカンドピアス)がいるわけで、これも同時進行で、同じスーパーチタン素材のピアスを作り、セカンドピアスとして当時15種類が売り出されたのです。

今は13種類になっています。

ピアッサーの製造元のアメリカの会社は、スーパーチタンピアスの製造の話を持っていったとき、

『うちのピアスは世界中で売っていて、何の問題も起こっていない、医療用のステンレスのピアスで十分だろう。』 と言っていたのですが、何度も交渉を重ね、『今に金属アレルギーは大きな問題になるのだから。』 と、半ば強引に作らせたのでした。

 

 

 

FDAピアスのこと少し説明します-2

<14.01.30-026> 

もともとはピアス穴あけ器具 ”イヤーピアッサー” を輸入して販売していたのですが、金属アレルギーの問題が出てきて、『その原因はピアスである。』なんて言われたものですから、それなら金属アレルギーを起こさない金属で作ったピアスで穴あけしようと言うことになり、体内埋め込み用の金属チタンで穴あけ用のピアスを作りました。

純チタン、チタン合金などを比較して、一番金属アレルギーが起こりにくいチタン合金の割合がわかり、それを採用しました。

このチタン合金の金属の割合は、体内埋め込み金属を規定するASTMと言う規格で決まっていました。

この金属はとても硬い金属で、加工に苦労したのですが、チタン合金の棒から削り出してピアスを作ることに成功して、アレルギー物質を一切含まないピアスが出来上がったのです 

 

2014130192523.jpeg

 先のとがった穴あけ用のピアス

 

FDAピアスのこと少し説明します-1

 

<14.01.28-025>

FDAピアスの基本のピアスは、ベーシックシリーズ T-4 です。

2014128211917.jpeg

4mmの丸玉です。

一番最初にできたFDAピアスです。

かゆくならない金属アレルギーフリーのFDAピアスのルーツのピアスです。

 

『FDAピアスってなあに?』と言う方がいらっしゃったので、これからこのブログで少しお話していきます。

  

ページトップへ戻る