ホーム>ピアスオヤジのブログⅡ>2015年6月

2015年6月

お問い合わせの回答です。


<15.06.22 093>

北海道のお客様からお問い合わせいただいたのですが、回答が届かないようなので、ここに載せておきます。

結構大事なことですから。

”ピアス親父のブログ”(アメブロ)で回答するといったのですが、”ピアス親父のブログ”は、毎週木か金曜日発行なので遅くなりますので先行してこちらに出しておきました。

 

☆お問い合わせ内容☆

ベーシック、ニューベーシックシリーズとFDA-001のシリーズの違いについて質問ですが、何故寝ている間や長時間はベーシック、ニューベーシックシリーズへの着け替えを進めるのですか?チタンの種類がちがうのですか?FDA-001のシリーズも石止めの部分はチタン製ですか?

 

O★A さま
 
いつもありがとうございます。
 
お問い合わせについてですが、
 
FDAピアスのポストはすべて同じスーパーチタン素材でできていますので、FDA-001のようなキュービックスタッドタイプであっても、ベーシック・Newベーシックタイプであっても、金属アレルギーが起こらないことには変わりありません。
 
FDAピアスしかつけられない方の場合、常にFDAピアスをつけっぱなしの状態になりますが、
FDA-001のキュービックは石の大きさが4mmで取り外す時にどうしても石の部分を引っ張ってしまうので、接着剤の耐久性の問題から長時間のつけっぱなしを進めておりません。
 
Newベーシックは石の大きさが3㎜弱で、周りのスーパーチタンに囲まれているので、石を直接引っ張ることはまずありません。
 
それでつけっぱなしにするなら、ベーシックNewベーシックを進めているのです。
 
耐久性の強さの順は、 ベーシック>Newベーシック>その他のFDAピアス となります。
 
石が出っ張っているので、寝ているときに枕カバーや寝具に引っかかるとよくないので、という理由もありますが、自分で試してみて実際にはFDA-001なら何の問題もありませんでした。
 
接着の耐久性の問題だけですね。
 
こんなところでよろしいでしょうか?
 
 
どりーみんぐくいーん 木村

創作手づくりバッグ

<15.06.13 092>

お知らせした創作バッグのインナーバックですが、”バッグ in バッグ” と正式には言われています。

外側のバッグのデザインに合わせて作っていますので、違和感がありません。

基本的な、”バッグ in バッグ” は、¥3,240 です。

ショルダーバッグの画像もありますので、ご覧ください。

 

201561322920.JPGのサムネイル画像

 

手作りバックについて

〈15.06.05 091〉

≪どりーみんぐくいーん》 では、軽い素材でバッグを作り、販売しております。

フランスの版を使って、日本で作られたナイロン布で、軽くて丈夫だと評判です。

手提げバックとポーチがあり、手提げバックの中に入るインナーバックもあります。

手提げはA4サイズの書類が入る大きさですが、ある程度の大きさの変更はできます。

 

お値段は、手提げバッグ ¥6480、ポーチ ¥1944 です。

 

ショルダーバッグもオーダーで承ります。

 

20156517551.JPGのサムネイル画像

ページトップへ戻る